お金があれば幸せなの?本当にハッピーになれるのか?

そりゃ、お金があった方が幸せでしょう?
と友人に言われました。

当然お金を持っていない人と
持っている人とでは
生活内容も全く違ってきます。

例えば
貧乏君の場合・・・
食べたいものも食べられない。
一日一食だけ。
毎月、借金の返済と家賃でほとんど消える。
そんなカツカツの貧乏くん。

一方お金持ち君の場合は・・・
食べたいものは何でも食べれる。
外食もいつでも好きな時に。
スーパーの買い物も値札を
見ないでかごに入れていく。
年に2回は家族旅行。

何不自由ありません。

では貧乏君は不幸なのか?

と言えば、そうとも限りません。
貧乏君はお金がないなりの
楽しみ方を知っています。
家にいても夏は暑いし、
冬は寒いので、
外に出る機会が多い。
よく散歩するし、
テレビも観ないので、
家族と話す時間はたっぷりある!

笑顔が絶えない毎日、
それなりに幸せを感じています。

逆に高収入の家族は?

職場で管理職をしているため、
経営陣からの数字に対する
プレッシャーをかけられ、
また部下は文句ばかり。

板ばさみでストレスが貯まりっぱなし。
一見家族仲はいいように見えますが、
実際のところはギクシャクした家族。
仮面夫婦という事例も・・

お金があるほど、不幸になる?

お金にゆとりがある人の方が不幸せ
という予想外の展開になっています。

※お金はたくさんあった方が絶対にいい!
※欲しい物は何でも買えるのが幸せ!
※経済的な自由を持っているので、充実の毎日!

と思っていましたが、全く違いました。
お金に関しする不都合な真実がありました。
思い込みはいけないですね。

お金がないという事実よりも、
家族、眠れる場所など、今あるものに
感謝する気持ちを持つのが重要
です。

【結論】お金と幸せは比例しない

いくら使えるお金が多くあっても、
心が貧しければ意味がありません。
お金と幸せは全く別物で、
お金がある=幸せとは言えません。

本質を知り、心から笑える毎日。
心の豊かさが本当の幸せに
つながると思います。

あなたは今幸せですか?